2016年 10月 の投稿一覧

ペルソナについて

ペルソナの日本語訳は人格、仮面の意味であり、マーケティング手法のひとつです。

ペルソナの必要性は?

 

様々な好み趣味趣向に対してメディアの一極集中、トップダウンの世界は終わりに近づき「その人に合ったサービス」を求める時代になりました。

企業が商品、サービスを提供する場合に顧客のことを深く知り、どんなニーズ、悩みがあるのかを分析しそれに合致したものを提供し

顧客の心を掴み、愛される事が成功のポイントになります。

顧客の心理としては、混沌とした中での合理的な行動はまずは広く浅く探してからそこから心に残ったものを選んでより深く探る行為だと思います。

なので心に残るように千差万別な顧客の中からターゲットを絞り、深く突き刺さる手法が大事になります。

ターゲット顧客の中で最良に、マッチする人物像を設定することで、より顧客の事の理解が深まり、またそれを社内、クライアントと共通認識をすることで

航海に出るときに途中で迷わないための地図のような軸を設定し顧客に提供する場合に精査出来る判断材料になります。

ペルソナの設定方法

初対面の人よりも何十年も付き合いがある人のほうがより深く知ることが出来るように

一冊の本が書けるぐらい具体的に詳しく書いた方がいいです。

いい事だけではなく悪い一面も書きましょう。

年齢・性別・地域・年収
職業・業種・役職
性格
仕事の課題・目標
仕事が終わってからの行動
仕事での喜び・悩み
趣味・休日の過ごし方
交友・恋愛関係
家での過ごし方
情報収集の方法
SNSの使い方
商品に対しての考え方
商品の購入サイクル

 

設定後にこの人は

「何に興味があり」「何に興味がないか」「」

「何が嫌いか」「何が好きか」「」

のようにこの人を喜ばせたり、悲しませたりしましょう。そこから見えてくるニーズを掘り起こし

提供しましょう。

参考サイト

ペルソナの設定方法|マーケティングにおいて大変重要なペルソナの設定、甘い人が多すぎます

UXについて

1 Useful:有用性

ユーザーにとって商品、サービスの価値を高める。

2.Usable:便利さ

便利なものには価値がある。

例)Amazon(色々な商品を色々な角度から選べる)、Yahoo(色々なニュースを紹介)、

3.Findable:迷わず目的地へたどり着ける

ユーザーが今どこに居てるか把握できる、どこにどんなコンテンツがあるか把握できる。

例)パンくず、サイトマップ

4.Credible:信頼できる

ユーザーが安心できるコンテンツを作成しましょう。多くの人が使っている。

例)レビュー、実績、保証等

5.Accessible:わかりやすいサイト

おもてなしのユーザーに気遣いを心がけましょう。

例)整理整頓された階層、テキストかリンクかの色分け、文字を大きく読みやすく

6.Desirable:理想的と思われる・魅力

ユーザーの感性に訴えかけるデザイン、キャッチコピー、コンセプトなど

例)まるで大自然の中に居てるようなデザイン、かっこいい、心に響く言葉

7.Valuable:価値がある

訪れるユーザーに何度も訪れてもらえるようなコンテンツ、満足度が高いサイト

例)知らない事を教えてくれるブログの記事

参考サイト

UI/UXデザイナーなら一度は目を通しておきたい「デザイン原則」まとめ【随時更新】

 

マトリックスとは

マトリックス

マトリックスの意味は母体・基盤・何かを生み出すもの

映画「マトリックス」の起源は、ここから来ているみたいです。

続きを読む

GoogleChrome便利ショートカット

パソコン操作を楽ちんにおすすめGoogleChromeの便利ショートカット

ショートカットキーの内容 Windows Mac
新規ウィンドウを開く Ctrl + N Command + N
今のウィンドウを閉じる Alt + F4 Command + Shift + W
新規タブを開く Ctrl + T Command + T
タブを閉じる Ctrl + W Command + W
現在のタブから右に移動 Ctrl + Tab Ctrl + Tab
現在のタブから左に移動 Ctrl + Shift + Tab Ctrl + Shift + Tab
指定したタブへ移動 Ctrl+ 数字(0~9) Command + 数字(0~9)
Chromeウィンドウをすべて閉じる なし? Command + Q
アドレスバーにカーソルを移動 Ctrl + L
Ctrl キーを押しながらリンクをクリックする 新しいタブでリンクを開く
Ctrl+H [履歴] ページを表示する
Ctrl+Shift+O ブックマーク マネージャを表示する
Ctrl+0 通常のテキスト サイズに戻す

スリパー効果とは

人が信頼するのは「発言者が信用できるか」「発言内容が信用できるか」

なので、信用していない初めての人やサービスなども、その人にとって魅力があったりインパクトがあったりすれば信用する。

あと「その筋の専門家」「威厳がある人」「信用している人」は信用してしまう。

WEBサイトのUIとUXについて

UI=ユーザーインターフェイス

ユーザーとの接点、読みやすいとかデザインが綺麗とか

UX=ユーザーエクスペリエンス

ユーザーがWEBサイトに訪れてから感じること思うことの一連の流れでの体験

WEBサイトのUIとUXについて

カスタマージャーニーマップCJM
ペルソナ
アクティグアウト
プロトコル
モックアップ

UXフロー

機能ナビゲーション
階層型ナビゲーション
パンくずナビゲーション
ダイナミックナビゲーション
ステップナビゲーション

UX設計でターゲットを絞る

UI設計の主な範囲と設計する前の大事な事

ロジック×手法×パターン

UI設計の基礎画面構成

1.何を見せるのか
2.どこで見せるのか
3.どのように見せるのか

サイトスクラクチャー(サイト構造図、サイトマップ)

UI設計はどこで見せるか

UXフロー

https://ferret-plus.com/5167

CTAって?

 

CTA=行動喚起

ユーザーにアクション(コンバージョン)をしてもらうための道筋が大事

そのポイントが、

ユーザーの属性を理解する(何をしたいか、何を求めているか、どんな人か、WEBリテラシーは)

なぜアクションが必要かを知ってもらうことが大事、そのための導線とし入り口は広く浅く、下層に行くにつれて狭く深く知ってもらう。

  • メリハリのあるデザイン(トーンマナー)
  • ユーザーに選択することを最小限にする。
  • 限定性を感じさせる。
  • ユーザー目線を木にするZ型に誘導

 

SSL化が進む

今年4月Yahooが常時SSL化を決めた。

googleがSSL推進の立場をとり推進している、SEOへの影響もあり、SSL化されていないサイトはマイナス評価になる。

メリットは第三者に情報が漏れない為ユーザーに安心させれる、SEOの観点、サイトの表示速度をアップさせる。

シマンテックグループのSSLを取得できるサーバー(1契約で複数取得できる)

https://zenlogic.jp/

 

 

googleChromeおすすめアドオン

新規タブに追加出来るアドオン

メモ帳として使える。

https://chrome.google.com/webstore/detail/papier/hhjeaokafplhjoogdemakihhdhffacia

TODO管理

https://chrome.google.com/webstore/detail/prioritab/napbejkndjhcciibiglkimmgdlfjcbnp?hl=ja

カテゴリー分けしてよく開くサイトを管理

https://chrome.google.com/webstore/detail/toby-manage-your-tabs/hddnkoipeenegfoeaoibdmnaalmgkpip

ブラウザの画面上を録画出来るツール

https://chrome.google.com/webstore/detail/hyfy-screen-recorder-capt/kfhkikpdmehlpkaiplafjkaicdljldcf

WEB上の画像を右クリックでドロップボックス、グーグルドライブに保存出来る

https://chrome.google.com/webstore/detail/cloud-save/dlbemabjbfhjcccahjioenmkgimjbbkd?hl=ja

HTMLエディタとして使えてそのままテスト出来る

https://chrome.google.com/webstore/detail/web-maker/lkfkkhfhhdkiemehlpkgjeojomhpccnh

 

 

カスタマージャーニーマップ

カスタマージャーニーマップとは?

企業が顧客に質の高いUX(ユーザーエクスペリエンス)を届ける為にも顧客の事を理解することは大切な事です。

その中でも分類すると

続きを読む

統計データ参考

統計調査データの紹介サイト

https://ferret-plus.com/1463

博報堂生活総合研究所

http://seikatsusoken.jp/teiten/

おすすめ調査のちから

http://chosa.itmedia.co.jp/

経済産業省

http://www.meti.go.jp/statistics/index.html

レジャー白書

http://www.jpc-net.jp/leisure/

リクルートライフスタイル

http://www.recruit-lifestyle.co.jp/company/rd