分析

Google Search Console(グーグルサーチコンソル)

Google

googleが提供するサイトの最適化に必須解析ツールのグーグルサーチコンソル

GSCとかサチコの言い方されていますね。

SEO対策への解析、分析にはすごく使えるツールで、googleAnalyticsはもうメジャーですが、まだまだ知らない人の為に解説します。

SEO対策って?

自分、自社のWEBサイトに訪れる人は大きく分けて

1.オーガニック検索google・Yahoo!からの検索結果から訪れるユーザー

2.広告から訪れるユーザーPPC広告・ディスプレイ広告・リマーケティング広告等

3.SNSから訪れるユーザー

4.お気に入り、URL直打ち、メルマガ

高島屋、伊勢丹のデパートに行ってからお店を探すようなイメージでそれぞれプラットホームに付いているユーザーを呼びこめるかが

訪れる人を増やすポイントになります。

そのプラットホームの中でオーガニック検索と言うデパートに付いているユーザーを呼び込む為の手段としてSEO対策があります。

SEO対策って何をすればいいの

google・Yahoo!から優良店と太鼓判を押して貰うようにすれば目立つ場所にWEBサイトを移動出来ます。

その為にまずは「WEBサイトの現状分析」です。

「WEBサイト(お店)は今何階にあるのか」

「WEBサイト(お店)は訪れて欲しいユーザーが居てるエリアはどこか」

「お店の看板は適切なキャッチコピーで誘導出来ているか」

これらを調べて、適正にするためにデパートの管理者(google・Yahoo!)のルールに基づきWEBサイトを変更しなければ行けません。

デパートの管理者はお客様第一主義で、管理者のルールに従うことでユーザーがWEBサイトへの満足度を上げることも出来ます。

例えば、お店の電球は切れていないかとか人が通る導線を塞いでないかなどなどです。

一つ一つ改善することで管理者から評価され目立つ場所に行くことが出来ます。

そのほかに、お店への口コミが1番大事だったりします。笑特に有名人(評価が高いお店から)

グーグルサーチコンソルの使い方

前置きがものすごく長くなってしまいましたが、使い方として

WEBサイトがどこのエリアの何階にあるかを確認して現状分析をしましょう。

screenshot_1

アクセスがないのがバレる、、笑

その後は管理者からの指摘のWEBサイトの悪い所を直しましょう。

グーグルサーチコンソルとはgoogle(管理者)のルールから見たWEBサイトを教えてくれるツールです。

日本には4つの大きなデパートがあり1番大きいデパートの中での集客を整えるために便利なツールである

グーグルサーチコンソルを使いましょうと言うことです。

参考になった記事

ウェブマスターツール(Search Console)使い方・機能とは | 100%使用マニュアル保存版

CTAって?

 

CTA=行動喚起

ユーザーにアクション(コンバージョン)をしてもらうための道筋が大事

そのポイントが、

ユーザーの属性を理解する(何をしたいか、何を求めているか、どんな人か、WEBリテラシーは)

なぜアクションが必要かを知ってもらうことが大事、そのための導線とし入り口は広く浅く、下層に行くにつれて狭く深く知ってもらう。

  • メリハリのあるデザイン(トーンマナー)
  • ユーザーに選択することを最小限にする。
  • 限定性を感じさせる。
  • ユーザー目線を木にするZ型に誘導